諸事情によりしばらく文章のみの更新となります。イラスト、マンガは後から足していきます。

タグ別妊娠

1/5ページ
妊娠体験記

いよいよ大きな病院へ転院、車でGO

前回のあらすじ 妊娠検査薬が陽性だったので、出産もできる個人病院を探したものの大きな子宮筋腫があるので、大きな病院にかかったほうが良いと言われて転院することにしたが、前日になって同居人とケンカ勃発。 いよいよ出陣!! 転院の日がやってきました。 転院先の説明の用紙によると、初診の人は受付時間の30分前には来るようにと記載されていました。 初診時の問診票やらなんやら手続きがあるのでしょう。 仕事に影 […]

いよいよ転院の前日の喧嘩

喧嘩勃発

前回のあらすじ 妊娠してからいつの間にか体調が変化していたようで、理由もなくイライラしていることに気づいたので反省して自戒していこうと決心。 特に会社では気をつけねばと思ったところでした。 どうでもよすぎて原因を覚えていない喧嘩 そんな事が発端でバトル開始。 これに関しては、いつもの喧嘩と同じパターンなので妊娠してイライラしていることが原因ではないはず…だけど、自信は無い。 パートナーである同居人 […]

ホルモンバランスの崩れによるいらいら

前回のあらすじ 電話で問い合わせた時とは一転、とても親切で仕事が出来る感じの人から連絡を貰い、無事に紹介状をGET。 あとは予約日を待って転院するのみ。 ※マンガに収めるために、伝票云々の部分は文章と内容が変わっています。 日常に忍び寄る変化 妊娠6週目なんて言ったってね、見た目になにか変わるわけでもなしいつもどおりお仕事をして帰って、寝ての繰り返しの日々。 さてさて、今日もお仕事をしましょうかね […]

気遣いの人のおかげで紹介状を入手

前回のあらすじ 休みの日に紹介状を取りに行って転院出来ると思っていたところ、転院先への予約と予約状も必要だと発覚。 そんな説明を受けておらず、こちらからの連絡に対応した人間は会話がなりたたない。 後日、日程を改めて紹介状と予約票を受け取りに行くしか術がないと、怒り心頭ながら諦めたところだった。 月曜は普通に通勤 医者が来週も様子見たほうが良いと言うから、前回の通院からちょうど1週間の月曜日に通院す […]

転院先への紹介状を貰うための試練

きーっ

前回のあらすじ 「念の為、電話で紹介状が出来ているか確認して欲しい」という言葉から、電話でちょちょっと確認して取りに行こうと軽い気持ちで電話をかけた私。 ところが電話に出た女性は「予約の日を言え」と繰り返すばかり。 なんのために予約が必要なのか分からずパニックに陥ったのであった。 質問の内容を変えてみる 私「それは何の予約なんですか?紹介状を取りに行く予約なんですか?」 電「いえ、S病院の初診の予 […]

紹介状を巡って回る回るよ…

前回のあらすじ 上司に妊娠を報告し、平日に転院先に行く準備は万端。 あとは紹介状を貰って、月曜日に通院する予定を遂行するのみ。 電話連絡の意味 紹介状を取りに行く前には電話連絡をいれるように指示されていました。 一言一句覚えているわけではないのですが、紹介状が出来ているかどうかを確認してから取りに行くといった説明だったはずです。 たしかに、緊急で何かが起こったりしたら紹介状作成が後回しになるかもし […]

実録!上司に妊娠報告の巻

いざ尋常に勝負!VS上司

前回のあらすじ 大きな病院に転院することになったが、おおきな病院の診療時間=勤務時間。 どないすべかーと思ったけど、ちゃちゃっと上司に妊娠報告することを決定。 上司に報告するまでのなんやかや 小さな会社といえど、いや、小さな会社だからこそ他の人の耳が気になります。 今の状況的には、最低限の人にしか妊娠している事実を知られたくありません。 なぜなら、流産したときにお互い面倒だから! 気を使うなったっ […]

転院する日と会社に妊娠報告する時期

前回のあらすじ 医師に言われた「病院によっては産むのを諦めるように言われるかもしれない」という言葉について考えたけど、考えるだけ無駄だった。 曖昧なのでパートナーにも報告はしないことにして、さぁ必要なことを考えよ! これまでと、これからの流れを考える 前回で個人病院にかかるのは終了。 だけど…最後の日は夜間診療時間で紹介状を受け取れなかった。 念のため、電話で紹介状が完成しているか確認してから取り […]

産めないかも知れないことについて考えた

前回まであらすじ 転院予定の2度目の通院んが!!また来週来い、とか転院先が決まった経緯が適当とかの末 「病院によっては産むの諦めるように言われるかもしれないよー」←詳しい説明なし。 のドぐされ発言を頂きお会計をして帰宅。 人間の考えは1つじゃない 医師に「病院によっては産むのを諦めるように言われるかも知れない」と告げられた事で、 ・ダメかもしれない 初期流産の確率なんかも知っていた。 友人に経験者 […]

1 5